高体連の歴史

mark_kkk.jpg

KRAFT(クラフト) 力
KUNST(クンスト) 技
KLARHEIT(クラルハイト) 明朗な精神

競技は力であり、進歩は技の練磨にまつ、競技者はこれを包むに明朗な精神をもってせねばならない。

 
昭和23年(1948年)に全国高等学校体育連盟が発足し、昭和25年(1950年)にこのマークが定められました。
このマークを構成している3つの「K」は真紅によって浮き出され、次のようなドイツ語の頭文字を取ったものです。

これは「若い力と技と明朗な精神」を象徴し、真紅の色彩は「高い理想」と「希望に燃える若者の情熱」を象徴しています。
3つの「K」のマークは高体連旗となって、全国大会はもちろん、高体連の主催による大会には必ず会場に掲げられます。

Categories

 累計:
 本日:
 昨日:
PDFの閲覧は「AdobeReader(無償)」が必要です。

上のバナーから ダウンロード してご利用ください